はじめまして青春影法師って何?

どうも、こんばんは

”はじめまして青春影法師”の主催、小津景と申します

このサイトに足をお運びいただき、ありがとうございます

寒くはなかったですか?

まず、このサークルがどのようなことをしているのかというと

綿河礼が書き上げた”物語”

及びそこから着想を得て小津とKlangが

創作した”音楽”

の2つを発表するサークルです

(もちろんそれに付随するイラストやデザインにも

担当者がいるのですが…。その話はまた後ほど)

物語と音楽を、小説とサウンドトラックCDとして

発表するサークルって割と珍しいんじゃないか?

と思ったりしています

なんでこんな発表形態になったの?というと

およそ一年前の個人的な話になります

当時、僕はずーーっと音楽をつくりたかったのですが

①締め切りがないといつまでも創作が終わらない

②孤独な作業に耐えられない

③発表するべき場所など明確な目標がない

という、三重苦のなかでぐずぐずしていました。甘えかな?

その一方、学生時代の後輩の綿河はコミケで自身の作品を発表しており

あまつさえ彼は、完売(!)の実績をもつほどでした

(詳しくは、綿河のブログ”西の交差点”にて)

かくいう僕も学生時代から彼の創作物を読んでおり

新しいものが出るのを楽しみにしていたのです

そんな中、綿河とある日話をしていると、なんと自分の作った物語に

合わせて曲を作ってくれた人がいると言うではありませんか

「これ僕のために書いてくれた曲なんすよ(ドヤァ)」

と聴かせてくれた曲が、あら素敵

物語のテーマに沿った暗く、重いけれどもどこか品がある音楽がありました

しかも、曲の作成時間僕がかける時間に比べて

本当にわずかであるとのこと

その作曲者がKlangさんだったのです

そのあと綿河と別れて、帰りの電車に乗り

ぼんやりとイヤホンで音楽を聴きながら

「あの人たちと何かやってみたい」と思ったのです

こんな身近に面白い人たちがいるじゃん

情熱を持った作家と作曲家がいるんだ。一緒にやったら楽しいに違いない

そうして一緒にやれば俺も頑張らざるを得ないし

その後は綿河に頼み込み、Klangさんと実際にお会いする機会をいただき

小説(ライトノベル)を綿河がつくり

サウンドトラック(CD)を僕とKlangさんがつくる

ということを決定しました。これで逃げられない

こうして、”はじめまして青春影法師”は成り立ったのです

さて、その結果は?

ぜひお手にとっていただいて、皆様で判断していただければと思います

それでは、また!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする